ホーム > もうかる会社作りサポート

もうかる会社作りサポート

もうかる会社作りサポート
経営計画 経営改善計画

経営計画サポートプラン


行き当たりばったりで経営を行うのではなく、方法手順などを考えて経営を行うことをいいます。そして、それを明文化したものが経営計画書です。頂点に会社の存在価値、使命である「経営理念」があり、あるべき将来像を示した「ビジョン」、それを実現するための「戦略」と「戦術」、それを数値化した「数値計画」という構成になります。




まずは利益がどれくらい必要かを決めます。
次に、その利益を出すための経費や売上を逆算するわけです。これが「利益計画」です。しかし、多くの社長さんは、売上目標から立ててしまいます。その売上目標は、何をもとに計算していますか?希望ですか?理想ですか?
「売上目標」は、「利益計画」を達成するためにあります。だから、まず最初に「利益目標」を決めなくてはなりません。


「利益計画」を決めてそれで終わりという会社がたくさんあります。ここで大切なことは「利益計画」だけだと、ほとんど意味を成さないということです。数字だけ計画を立てても、では具体的に何をしたらその数字を達成できるのかが曖昧なままだからです。そこで何をすべきかという「戦略」と「戦術」を考える必要が出てきます。また、「戦略」「戦術」を考えるにあたって、拠りどころとなる使命や価値観が必要です。それが「経営理念」と呼ばれるものです。すなわち数字と言葉が両輪のごとく回りだしてこそ、経営計画が真価を発揮してくるわけです。

    

「その通りいかない」からこそ役に立つ-計画と実績の差

「その通りいかない」からこそ役に立つ-計画と実績の差 経営の正しい舵取りに必要なものは、正しい状況判断です。
その正しい状況判断は、計画と実績の差を読むことによって行うわけです。この計画と実績の差は、経営の見込み違いを表しているもので、この見込み違いがわかることで、経営の舵取りができるわけです。
したがって、計画はその通りいかないから役に立たないのではなくて、その通りいかないからこそ役に立つものでもあるわけです。
 

「経営計画」は、ズレが生じた時の舵取りのための大切な判断基準

「経営計画」は、ズレが生じた時の舵取りのための大切な判断基準 こういうことをよく聞きます。
「計画作ったって、その通りいくわけがないでしょう?だから、計画しても意味がない・・・」
しかし、それは違います。計画通りいかないから、計画を立てるわけです。計画を立ててないと、本来目指すべき理想や希望との「ずれ」がわかりません。
その「ずれ」を把握するためのツールが「経営計画」であり、起動修正するのが社長の本来の仕事なのです。
 

「戦略」とはビジョンを実現するための大きな筋道や方向性を表したものです。それに対して「戦術」とは戦略の下位概念で、それを実現するための具体的な方法を表します。


「あなたの会社は何のために事業をしているのですか?」という問いに対する答えであり、会社の存在意義や使命を表したものです。また、それを実現するために会社の社員が持つべき価値観や考え方を指すこともあります。


会社を取り巻く環境である外部要因を「機会(Opportunity)」と「脅威(Threat)」に分類、また社内事情である内部要因を「強み(Strength)」と「弱み(Weakness)」に分類し、その4つのマトリックスで整理することをいいます。そして、それぞれの窓の交差する箇所を「クロス分析」といい、そこから戦略を導き出していきます。


経営戦略会議をサポートします

 人間は他人が決めたことに対しては実行しようとしませんが、自分で決めたことには責任を持って実行しようとします。経営計画で決定する戦略や戦術を実際に実行するのは社員です。
その社員に本気で実行してもらうためには、社員自らにやるべきことを決めてもらう必要があります。
そこで経営戦略会議を開催して、社員に積極的に発言してもらうのがベストです。
ただ、普段あまり発言する機会がない社員にいきなり発言してもらうのはなかなか難しいもの、そこで、弊社は司会進行役になり、ゲーム感覚で社員全員が積極的に発言してもらえるような工夫をしております。

社員勉強会を開催します

経営計画は、社員を含め全社一丸で取り組まなければ成功しません。
社員を積極的に参加させるためには、業績に連動した給与の支払が必要であり、それに伴い会社の業績を社員に公表する必要があります。

ただ、社員は通常数字の読み方を知りません。そこで、社員向けの勉強会を開き、決算書の読み方について楽しく理解していただきます。



経営計画発表会をサポートします

経営計画を立てたら、期首に経営計画発表会を実施します。参加者は社員だけではなく、緊張感を持って進めるためにも取引先や金融機関なども招待すると良いでしょう。
●1つ目のねらい
会社の方向性、具体的取り組み内容を社長が熱意込めて社員に語りかけ、協力をお願いし、ベクトルを同じくすることにより、「絶対やってやるぞ!」という社員の気持ちを高めます。
●2つめのねらい
会社の方向性、取り組みを社外関係者に伝えることにより、協力をお願いします。
弊社では開催にあたっての準備や当日の司会進行などをサポートいたします。

人材適性検査サポート

人件費の管理は、バランスが重要です。もちろんスタッフが少なすぎると会社は回りませんが、 逆に多すぎても非効率的です。

そして良い会社をつくるには、優秀なスタッフが必要です。弊社では独自の人材適性検査システムを使用し、優秀なスタッフの獲得を支援いたします。

 サンプルPDF

経営改善計画サポートプラン

上記の経営計画は、これから会社を伸ばしていこうという前向きなものが多いですが、一方で、業績が好ましくなく、多額の融資返済により資金繰りに苦しむ会社も多いのが実情です。このような会社は金融機関に対して毎月の融資返済をストップしてもらう必要があります。これをリスケジュール(略してリスケ)といいます。返済をストップしている間に本業に専念して、業績を回復していきましょう。

次のような会社は手遅れになる前に対策を打ちましょう。早いほど選択肢が多くなります。
☑ 毎月の融資返済が厳しい。
☑ 個人資産を立て続けに会社に投げ入れている。
☑ 保証協会付融資を連続で断られた。
☑ 手形貸付の更新をしてもらえなかった。
☑ 税金や社会保険料の滞納がある。
☑ キャッシュが月商の1か月分を下回っている。
☑ 3カ月後には資金ショートする可能性がある。