ホーム > 成年後見(任意後見)について

成年後見(任意後見)について

成年後見(任意後見)について

成年後見とは

成年後見とは

成年後見とは、判断能力が著しく低下している方(認知症や精神・知的障害者)の財産管理をするにあたって、選任された成年後見人が代理して行い、誰かに財産を勝手に処分されることを防いだり、不当な契約(悪徳商法)からご本人を守ったりするための制度です。
成年後見には2つの種類があります。
すでに判断能力が著しく低下している場に法定後見制度
判断能力が低下してしまう前に利用する任意後見制度
があります。

 
任意後見制度
この制度は、ご自身が判断能力のあるうちに、将来ご自身の任意後見人になってもらいたい方と、後見事務(代理権)の内容を公正証書による任意後見契約によって、前もって決定しておく制度のことです。

任意後見人には特に対象となる資格はありません。
身内以外の知人でもなることが可能です。税理士などの専門家に依頼することも可能です。
将来の財産管理を行うということは責任も伴ってくるので慎重に決定しましょう!